レシピ

【1歳 取り分けご飯】ハロウィンの夕ご飯にたっぷり野菜メニュー

せっかくのハロウィンなんだから、何かハロウィンらしいご飯にしたいなぁと考えているあなた!

でも、手の込んだ料理にしたくても…ハロウィンは平日、仕事がある日。

そんなに時間をかけられないかもしれませんね。

大丈夫ですよ。

今回は、時短でハロウィンご飯作ります!

今回のメニューはこちら

主食・主菜…ハヤシライス

副菜・汁物…かぼちゃスープ

ハヤシライスとかぼちゃスープの材料

ハヤシライスの材料

子供2人、大人2人分の材料
  • 豚ひき肉……150g
  • 玉ねぎ……1個
  • 人参……1本
  • ぶなしめじ……1袋
  • ハヤシの王子さま……1箱
  • 水……500ml

★大人用にプラス…顆粒コンソメ、ケチャップ、中濃ソース

時間短縮に今回は、市販品の「ハヤシの王子さま」というハヤシルーの素である粉末を使いました。

1歳から使えて、個包装なのでとても便利です。

created by Rinker
¥257
(2019/11/21 13:59:46時点 楽天市場調べ-詳細)

かぼちゃのスープの材料

子供2人、大人2人分の材料
  • かぼちゃ……1/4個
  • 玉ねぎ……1/2個
  • ウインナー……1袋(約5.6本)
  • 顆粒コンソメ……小さじ2
  • 水……500ml
  • 塩コショウ……少々

★大人用にプラス…顆粒コンソメ

ハヤシライスとかぼちゃスープの作り方

ハヤシライスの作り方

  • STEP01
    野菜を切る

    玉ねぎは1cm程度の角切り、人参は星型に抜いておく、その残りはみじん切り。ぶなしめじは、石づきを取り縦に3等分に切りほぐしておく。

  • STEP02
    材料を炒める

    深めの鍋に、豚ひき肉を入れてお肉に火が通るまで炒めます。次に1で切っておいた野菜を入れてしんなりするまで炒めます。

  • STEP03
    煮込む

    野菜が少ししんなりしてきたら、水500mlを入れて煮込んでいきます。アクが出来たら時々取り除いておきます。

  • STEP04
    ハヤシの粉末を入れる

    野菜に火が通って軟らかくなったら、一旦火を止めます。ハヤシの王子さまの粉末の素を入れて、かき混ぜたらまた火をつけます。とろみがつくまで弱火で加熱します。

    とろみがついたら1歳児さん、3歳児さんのハヤシライスは出来上がりです。取り分けておきます。

  • STEP05
    大人用に味付けをする
    大人用に、顆粒コンソメ、ケチャップ、中濃ソースを入れて味付けをしていきます。

    煮詰まった量、取り分けた量にもよりますので、少しずつ足して調節してみてください。

1歳児さんと3歳児さんに

ミニトマトを1/4カットにしておきます。

ウインナーを添えると大喜びでした。

ウインナー1袋分(分量外)をレンチン600wで約40秒加熱して、カットしてあります。

大人用はこちら

海苔でちょっとデコレーションをすると、ハロウィンの雰囲気が出るかもしれません。

レンチンで加熱したウインナーに、スライスチーズを細く切って巻いたものも一緒につけています。

パイ生地にすると、より包帯のような雰囲気にデコレーションできるのですが、時間カットのためにスライスチーズでOKです。

【ちょっとアレンジ】オムハヤシ

ちょっとハヤシライスのルーが余っちゃった。よくありがちですよね。

そんな時こそオムレツの出番ですよ。

ハヤシライスにオムレツを乗せるだけで、卵のまろやかさがプラスとなり洋風感もアップします。

かぼちゃスープの作り方

  • STEP01
    野菜を切る
    玉ねぎは1cm程度の角切り、かぼちゃは小さく切っておきます。ソーセージは小口切りにします。

  • STEP02
    煮込む
    片手鍋に水500mlを入れて沸騰させます。沸騰したら、顆粒コンソメを入れて、1で切っておいた具材を入れて野菜が軟らかくなるまで煮込みます。仕上げに塩コショウで、控えめに整えます。
  • STEP03
    1歳児さん、3歳児さん用に取り分ける
    2で煮込み終えたら、それぞれの器に取り分けておきます。

  • STEP04
    大人用に味付けをする
    顆粒のコンソメを少し加えて大人用も完成です。

【ちょっとアレンジ】かぼちゃのポタージュ

完成したかぼちゃのスープをブレンダーで、流動状にして牛乳を加えて軽く煮込んだら、かぼちゃのポタージュが完成します!

多く余った時におすすめです。

翌朝、食パンをトーストして一緒に食べるなも良さそうですね。

ぜひ試してみてください!

ABOUT ME
ame
ame
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!