大人の食のお悩み解決

【夏バテ予防】夏に食べたい食材12選!食材をまとめて食べられるメニューも紹介!

外はとっても熱い夏の時期。

室内でのエアコンで体が冷えて、うまく自律神経が働かなくなり、だるいなどの体調不良になったりしませんか?

ほし
ほし
あっ!休み明けに仕事へ行き、社内が蒸し暑くて午後からずっと体調不良・・・これって夏バテの状態なんだね?
あめ
あめ
クーラーをガンガンつけてそれに体が慣れっちゃったんだね。

このような温度差による自律神経の乱れ、暑い環境にいて発汗がうまくいかなくなったり、睡眠不足などが原因で夏バテになることもあります。

そして、暑くて体調崩しやすい時期。

食欲もなくなり、ますます体調不良を悪化させてしまいがちです。

美味しく食べて、夏バテ予防しませんか?

夏バテ予防~夏に食べたい食材12選

夏バテ気味になってくると全身倦怠感や疲れがなかなか抜けなかったり、食欲不振になりがちです。

休息も大切で睡眠もとりつつ、夏におすすめな食材を積極的に食べていきたいですよね。

夏バテ予防にも、夏にぜひ食べたい食材はこちらです。

うなぎ

土用の丑の日に食べて滋養をつける、などと昔からうなぎが食べられてきました。

そんなうなぎにはビタミンA、B1、B2、Eやカルシウム、鉄分、亜鉛などさまざまな栄養素が含まれています。

疲れた体におすすめはビタミンB1もあり、機会があれば積極的に食べたい食材です。

梅干し

昔から夏バテ予防には梅干しが良い、と言われるほど梅干しはおすすめ食材です。

梅干しに含まれているクエン酸が、疲労回復や食欲増進に繋がります。

ですが、梅干しには塩分も入っていますので食べ過ぎには注意です。

  • お茶漬けに梅干しを入れて
  • 豚丼に大根おろし、梅干しを添えて
  • 薬味と一緒に梅干しを添えて

レバー

苦手な方もいるレバーですが、レバーにはビタミンA、B2、C、ミネラルなど豊富に含まれています。

ビタミンAは免疫力を高める働きがあり、夏バテ予防にもおすすめです。

  • レバーを湯通しして、甘辛の味付けで
  • レバニラで

夏野菜

夏野菜とは、トマト、ピーマン、ナス、きゅうり、とうもろこし、かぼちゃ、ゴーヤなどいろいろあります。

旬の野菜はその季節に合った必要な栄養素が摂れます。

夏野菜には主に水分、カリウム、ビタミンなどが含まれています。

汗をかくと水分やカリウムなどのミネラルが失われてしまうので、積極的に食べたいですよね。

  • そのまま生でサラダに
  • 煮込んでラタトゥイユにも

枝豆

枝豆にはタンパク質、ビタミンB1、B2、Cカルシウム、食物繊維を含んでいます。

枝豆と言ったらおつまみに最適と言われているほど、枝豆に含まれているメチオニンがアルコール分解を助けてくれます。

糀甘酒

昔から飲む点滴と言われてきた甘酒は、お米からできているノンアルコールの「糀甘酒」がおすすめです。

お米からできている糀甘酒は、お米の成分のブドウ糖が豊富に含まれています。食欲がないときでもお米を食べる代わりとして摂取できます。

豚肉

豚肉にはタンパク質やビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復にぴったりな食材です。

豚肉と夏野菜を一緒に食べることによって、夏バテ予防にも良さそうです!

  • 夏野菜と豚肉で焼肉
  • 冷しゃぶと夏野菜にぽん酢をかけて

豆腐

豆腐は大豆で作られており、ビタミンB、マグネシウムが豊富に含まれています。

食欲がなくても冷奴なら冷たくて口当たりも良く食べやすいです。

体の冷えが気になる時は湯豆腐がおすすめです。

  • 豆腐の上に大根おろしや梅肉を使って
  • 豚ひき肉と豆腐で、麻婆豆腐に

ねばねば食材

ねばねば食材には疲労回復を促すことから、山芋、オクラ、納豆など食べていきたいです。

そのねばねばの正体は糖タンパク質です。

糖タンパク質は整腸作用、胃腸を守る働きがあり、この働きから疲労回復を促すと言われています。

  • ねばねば食材を合わせたねばねば丼に
  • 山芋を1㎝くらいの厚さに切り、多めの油で炒めてぽん酢などで(ポテトのような食感とシャキシャキの両方が楽しめます!)

卵は良質なたんぱく質が豊富で、ビタミンやミネラルも含み「完全栄養食」と言われているほど栄養価が高い食材です。

ただしビタミンB群などはあまり含まれていないので、夏野菜やビタミンB1などを含む食材と一緒に食べることをおすすめします。

レモン

レモンに含まれているビタミンCや疲労回復に繋がるクエン酸が含まれています。

ただし、そのまま食べるには酸っぱすぎますよね。

  • レモン水に
  • うどん、そうめんにレモン汁を入れて
  • 唐揚げなどにもレモン汁をかけて

にんにく

にんにくは、野菜の中でも高エネルギーで、滋養強壮や抗菌など夏バテ予防にはおすすめです。

豚肉と一緒に炒めて積極的に食べたいですね。

  • 焼肉と一緒に
  • 麻婆豆腐の薬味にも

夏バテ予防におすすめな食材を使って、美味しく食べよう!

夏野菜と豚肉を使って、夏野菜カレーなんて夏バテ予防にぴったりですよ

ご飯と合わせれば炭水化物も食べられて最高の組み合わせです!

暑くてあまり料理を作りたくない時でも、夏野菜のカレーライス一品作るだけ。

ほかには野菜と豚肉が一緒に食べられる冷しゃぶもおすすめです!

ナスと豚肉の旨味、ぽん酢とトマトの酸味が食欲をそそります。

夏バテ予防におすすめの食材12選のまとめ

夏バテ予防におすすめな食材は12種類と豊富です。

これら一品ずつではなく、一緒に食べることでより多くの栄養素を吸収することができます。

夏バテ予防におすすめな食材

・うなぎ ・梅干し ・レバー ・夏野菜 ・枝豆 ・糀甘酒 ・豚肉 ・豆腐 ・ねばねば食材 ・卵 ・レモン ・にんにく

全て食べることにより、必ず夏バテにはならないというわけではありません。

睡眠をよく取り、無理しないように心がけてくださいね。

そして美味しく食べて、夏バテ予防をしましょう!

ABOUT ME
ame
ame
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!
あわせて読みたい