レシピ

【夏バテ予防】子供も大好きカレーライスに夏野菜をプラス!トマトの酸味が絶妙!

夏野菜を美味しく食べて、夏バテ予防をしましょう!

野菜を見つけたら口辺り次第、べーっと野菜を出してしまう野菜が苦手な1歳3ヶ月の娘。

この夏野菜カレーでは珍しく野菜もモリモリ食べて、おかわりもしてくれました。

トマトをたくさん入れることによって旨味がアップしたカレーライス

これからご紹介するので、ぜひ作ってみてください。

夏野菜のカレーライスに必要な材料

普段は人参、じゃがいもなどがメインのカレーライスですが、今回は夏野菜をたくさん食べたいので野菜をいろいろ使います!

材料(4人分)

・豚ひき肉 200g
・ナス 3本
・ピーマン 2個
・玉ねぎ 1/2個
・ぶなしめじ 1/2株
・ミニトマト(トマト) 300g
・水 100ml
・カレールー 4個

これでもか、というぐらいミニトマトを入れてみました。

ほし
ほし
トマト300g??何個買えば良いの??
トマト300gは何個?

それぞれ成長の個体差もありますが、 中玉サイズ 約2個分 です。

トマトをたくさん入れることにより、酸味とトマトの旨味が増えて食欲増進に繋がります。

生のトマトの味が苦手な方でも、加熱することにより少しマイルドになり食べやすくなります。

そもそもカレーは苦手・・・という方にはあまりおすすめはできませんでした。

夏野菜のカレーライスを作っていくよ!作り方とポイント

作り方

まずは野菜を切っていきます。

ナス、ピーマン、玉ねぎはサイの目切り

ぶなしめじは荒みじん切り

トマトは角切り・ミニトマトは切らずにそのまま

深い鍋に豚ひき肉を入れて炒めていきます。

この時に豚ひき肉から油が出てくるので、鍋に油は引いていません。

豚ひき肉に火が通るまで中火で炒めます。

 ②の鍋にナス、ピーマン、玉ねぎ、ぶなしめじを入れて炒めていきます。

④野菜を入れて少し炒めたら、トマトを入れます。

トマトを入れたら、トマトから汁が出てクタッとするまで弱火で煮込みます。

⑤写真のようにトマトから水分が出て、しんなりとしてきました。

トマトの皮はそのまま取り除かなくても問題ありません。

水100mlを入れて、ふつふつと沸騰するまで温めます。

⑥沸騰したら、一旦火を止めます。

カレールーを入れて溶けるまでかき混ぜていきます。

全体的に混ざったら、また火をつけます。

とろみがついたら完成です。

この時、味見をしてしょっぱい時は水(もしくはお湯)を少しずつ足してください。

カレーライスには大事なご飯も用意してくださいね!

夏バテ予防に最適な栄養素がたくさん!

夏野菜には水分、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

汗で不足した水分やミネラルを夏野菜を食べて補えたら最高ですよね。

夏に食べておきたい食材はこちらにまとめてあります。

デザートにフルーツポンチもつけちゃおう!

デザートにあると嬉しいフルーツポンチ!!

缶詰のフルーツを入れて、バナナをカットして混ぜるだけでもOKです。

濃厚なカレーライスと、さっぱりとした味わいのフルーツがぴったりの組み合わせです。

ぜひ作ってみてくださいね♪

ABOUT ME
ame
ame
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!
あわせて読みたい