レシピ

手軽に作れるおうちごはん〜サバの水煮缶詰で混ぜご飯

そろそろ夏休み…懐かしいです。我が家は保育園なので夏休みはありませんが…

いや!世間は夏休みモードですよね!?

休みの日に頑張って料理をするのも良いですが、せっかくの休みの日は休みたいのが本音です。(私だけ!?)

ほし
ほし
夏はあまりガスや火を使いたくないのが本音!暑いもんね。加熱調理はあまり気が進まないよ~

暑い夏にすぐ調理できるサバの混ぜ込みご飯のレシピをご紹介します!

子供と一緒にできる簡単なものなので、余裕がある方はぜひ一緒に作ってみてください。

材料

  • サバの水煮缶詰・・・1個
  • ほかほかご飯・・・お好みで
  • めんつゆ・・・小さじ1
  • かつお節削り、白ごま、海苔・・・適宜

材料はたったこれだけ!!

サバの水煮缶詰は食塩無添加のものをおすすめします!食塩が入っている場合はしょっぱくなりやすいので、めんつゆは少量にしてください。

さっそく作っていきますよ~!

作り方

作り方もとても簡単です。

①サバの水煮缶詰を開け、サバの身を器に取り出し、骨が苦手な方は取り除きます

取り除いたら身をほぐしておきます。汁は使いません。

ここまでは大人の方がやってあげてくださいね。次からはいよいよ子供の出番です。

②ほぐしたサバの身にめんつゆ、かつお節削り、白ゴマ、海苔を入れて混ぜます。

混ぜたらこんな感じです。

写真映えはしないけど・・・味は美味しいです!

④をほかほかご飯にかけ、これを混ぜて出来上がりです!

缶詰の中にはサバの骨も入っています。細かくするとカルシウムも一緒に摂れます。食感が苦手な子供も多いですので、苦手かも…という場合は取り除いてくださいね!

ポイント

加熱をしないで、混ぜるだけなので子供と一緒にできる!

材料を入れてもらって、かき混ぜるだけの簡単な作業なので子供と一緒に作れます!

息子
息子
僕がやる〜!

何でも自分で挑戦してみたい時期の息子、お手伝いをしてくれました!こうして食と触れ合える機会を増やしていきます。

大人の味にしたい時は小ねぎや七味などの薬味を加えると◎

子供はあまり好みませんが、アクセントを加えたい大人用のご飯の時には小ねぎや白髪ねぎをちらしてみたりするのもおすすめです。ねぎの辛味、香りが食欲をそそります。

サバの水煮缶詰は食塩が入っていない方が味を調節しやすいのです。

栄養バランスをとるには?

豚汁や野菜の入った味噌汁をプラスするか、サラダなどをつけると栄養バランスがとれますよ!

前の食事の時に少し多めに作っておいた味噌汁やサラダを添えると、体に嬉しいメニューになります。

ぜひ作ってみてくださいね!

ABOUT ME
ame
ame
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!
あわせて読みたい