レシピ

子供と一緒に食べるご飯!中華丼で野菜もりもり食べよう

最近、野菜足りてないかも…そうだ中華丼にして野菜をたくさん食べよう!

今回は子供と一緒に食べる中華丼の作り方をご紹介します。

とろみが付いていて食べやすい丼メニューです。

中華丼の材料

材料は8種類にして八宝菜風に

えびはなくてもどちらでも良いです。野菜は冷蔵庫にあるものでOK

  • 豚バラ肉 200g
  • 冷凍えび 少量
  • 白菜 1/8個
  • 小松菜 1束
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 人参 1/3本
  • しいたけ 2個
  • ぶたしめじ 1/2株

合わせ調味料はあらかじめ、一緒に合わせておきましょう。

合わせ調味料

  • しょうゆ 大さじ1
  • 料理酒 大さじ2
  • 砂糖 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • しょうがチューブ 5cm
  • 水 300ml

仕上げのとろみ付けに、片栗粉大さじ2と水大さじ2を混ぜて準備しておきます。

大人の味付け 追加分量

  • しょうゆ 小さじ1〜3
  • ごま油 小さじ1

下準備をしておく

豚バラ肉は子供が食べやすい大きさにカットしておきます。

臭みや癖があるので、分量外の料理酒と塩コショウ少々で下味をつけておきます。

人参、玉ねぎ、白菜は同じくらいの大きさにきっておきます。

子供がメインで食べるので人参は薄めのいちょう切り、小さめの短冊切りがおすすめ。

小松菜は荒みじん切りにして食べやすいように。

きのこ類も小さめに、苦手な時はみじん切りにしておくとOK

中華丼の作り方

いよいよ中華丼を作っていきます!

具材はほとんど同じ大きさにカットしておいたので、あとは炒めて味付けをするだけ。

豚肉、えびを炒める

火のとおりにくい野菜から炒める

豚肉に焼き目を付けたら、人参、玉ねぎ、白菜を加えて炒めていきます。

野菜がしんなりしてきたら、小松菜、しいたけ、しめじを入れてさらに炒めます。

小松菜、きのこ類がしんなりしてきたら合わせ調味料を入れて煮込みます。

仕上げにとろみ付けをする

フライパンは一旦火を止めて、片栗粉と水を混ぜて加えます。

再びフライパンに火をつけて、とろみがつくまで混ぜていきます。

とろみがついたら子供用の中華丼の具材完成。取り分けます。

最後に大人用に仕上げる

仕上げに大人用にしょうゆを小さじ1〜3を好みで加えます。

最後にごま油を回しかけ(小さじ1程度)て完成です!

中華系は仕上げにごま油を加えるのがおすすめ

香りが立って食欲そそります。

大人に紅生姜を加えると味が引き締まって美味しいですよ。

中華丼と一緒に食べたいメニューは?

野菜をたっぷり使った中華丼には、卵と豆腐の入った中華系スープをプラス

酸っぱいのが平気な方は、さっぱりとしたスープの酸辣湯(サンラータン)でも良いでしょう。

さっぱりしたトマトを別途付け合わせたり、ヨーグルトをデザートにするのも良さそうです。

家族で野菜をたっぷり食べたいときに、ぜひお試しください!

ABOUT ME
ame
ame
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!
あわせて読みたい