子供の食のお悩み解決

【体験談】きのこが苦手、嫌いな子供にどうやって克服させる?きのこは怖い!?

小さいころ肉、魚、野菜、果物・・・ほとんどの食べ物が苦手でした。

食べられたのはご飯、人参、じゃがいも、鮭・・・ぐらい。

みそ汁の汁さえも苦手でした。

もちろん?きのこも苦手でした。

結論 小さい時にきのこが一切食べられなくても、現在ではだいたいのきのこは食べられるようになりました。

この記事では、きのこ嫌い・苦手を克服できるきっかけをご紹介していきます。

きのこが苦手、嫌いな理由は?

きのこが苦手だな、嫌いだな…と感じてしまう理由は以下のことが、あげられるのではないでしょうか?

きのこが苦手な理由

  • 見た目が怖い
  • きのこがクタクタしてる
  • ぬるっとした舌触り
  • 噛み切りにくい食感
  • 独特な香り・味が苦手

1つずつ体験談も交えて解説していきます。

見た目が怖い

きのこって黒っぽいし、怖くない?

食わず嫌いになりやすいのかもしれませんね。

特にしいたけとか食べてみると美味しいのですが、見た目で損をしている感じです。

加熱後クタクタしてる

普通のきのこ類は火を通しますよね。

火を通したきのこは、くた〜っとしてちょっと癖のある味

ぬるっとした舌触り

なめこはぬるっとして独特な香りがありますよね。

好きになると、無性になめこ汁が食べたくなることもありますが、好きではない人にとっては難関ですよね。

卵を入れて、かき玉汁風にアレンジして食べやすくしてみるのもおすすめ。

噛み切りにくい食感

きくらげなんて…これは怖いし噛み切りにくい。

実はきくらげはまだ克服できていません…

でも、克服をするなら細かく刻んで、中華スープやあんかけ野菜などに混ぜ込むと食べやすいです。

独特な香り・味が苦手

しいたけの香り…実は旨味成分

お出汁やめんつゆの旨味として使われていることもあります。

克服レシピ

きのこだけを加熱して食べようするレシピありますよね。

めっちゃ克服しにくいです。

あめ

今でもきのこ類だけのおかずは味が怖くて食べられない・・

慣れるまでは美味しい食材と合わせた方が食べやすいです。

豚汁

人参、大根、豚肉としめじと一緒に食べる豚汁

いろんな食材と一緒に食べると、これが意外と食べられるんです。

あめ

個人差はあります

炊き込みご飯

ほかほかご飯、しょうゆの香りと一緒に食べるなら、きのこも食べられるかも?

しいたけを薄切りか、刻んで食べやすくしてください。

あめ

小さい時はしいたけもよけていたけど、だんだん慣れてきてご飯と食べられるようになったよ。

ハンバーグ

きのこの見た目がとにかくだめ、という時に刻んで混ぜ込み、焼いてしまう作戦

玉ねぎ、人参、しいたけを刻んで、ひき肉と混ぜてハンバーグに。

下記のふわふわハンバーグレシピに、しいたけを刻んで入れるだけ◎

きのこ嫌いを克服できない時どうする?

きのこ類に含まれている栄養素はビタミンDやビタミンBのビタミン類、カリウムやリンなどのミネラル類が含まれています。

ビタミンは人間に必要不可欠な栄養素で、ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるために必要とされています。

リンは骨や歯をつくり、

カリウムはナトリウムを体外に排出する働きがあります。

他の食材で栄養素を補う

ビタミンは野菜、果物からも摂ることができます。

なので、無理せず野菜・果物から力をお借りするのも良いです。

もし、野菜も果物も苦手な場合は?

あめ

わたしも小さい時は苦手でほとんど食べなかったよ・・・

手軽に栄養が補給できる、おもいのたねというタブレットサプリを定期購入しています。

子供の健康をサポートするサプリ【おもいのたね】

おやつのようにポリポリと食べられるってのが嬉しいポイントです。

その他にも、何も食べてくれないというストレスから解放されました。

こちらはあくまでも、栄養素の補助として食べています。

日光を浴びる

ビタミンDは日光を浴びることにより紫外線にビタミンDをつくることができます。

窓際でちょっと日向ぼっこをするだけでも良いでしょう。

きのこ嫌いは克服できた?

炊き込みご飯のなかにしいたけが入っていましたが、嫌な味は感じず小学校前から食べることができました。

ただし、しいたけ1つと大きいままで食べるにはかなり時間がかかりました。

タブン、短大生のときに調理実習で克服しました。

細かくしても食べるきっかけを作ることが大事

そのせいか、エリンギはまだ食べたことがありません・・・

でかくて怖いし、調理を使用とはまだ思えないかな。

克服できたら、追記します。(誰か細かく料理して?)

まとめ

  • 苦手・嫌いなら無理して食べなくても良い
  • 給食にはでてくるので、克服して損ははい
  • きのこは細かくして、炊き込みご飯やハンバーグに混ぜ込むのが食べやすい
  • 旨味を活かした豚汁も食べやすい

いかがでしたでしょうか?

苦手なものは無理して食べてしまうと、逆に嫌いになってしまうこともありますよね。

見た目だけで食べられないことも多いので細かく刻んで、お肉やご飯などに一緒に混ぜ込んでみてからでも遅くはありません。

ABOUT ME
アバター
あめ
食品添加物 無添加にこだわる食品業、栄養士、フードスペシャリスト、惣菜管理士、そして子を持つ親としていろんな目線から食についてみていきます。普段は兼業主婦、2児の母をしています!
あわせて読みたい